ウィッシュ 雑感

その後しばらく乗ってみての新たな感想です。

CVTをMポジションにして坂道の下りでエンジンブレーキを積極的に使っていたとき、傾斜がゆるくなったからシフトアップしようとしたら出来ませんでした。
アクセルを踏んで加速すれば出来るのかもしれませんが、下り坂でアクセルを使った加速はしたくないけどエンジンブレーキは弱めたい、という時に不便。Dポジションに戻せば同様な感じになりますが、せっかくのMポジションの意味が………。
スポーツモードが設定されているモデルだと、私の望んだ操作が可能なの?
MT車の感覚が染み付いているので、こんな事が気になります ^^;

あと、上り傾斜での僅かな移動がまだ不慣れ。クリープ現象で移動できない傾斜で微妙に動かしたい時に緊張します。クラッチが欲しいです(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水槽備忘録

水槽内が安定しているようなので、早速生体を追加しました。現在の状態は以下のようになりました。
 カージナルテトラ   4匹(2014年3月導入)
 ヤマトヌマエビ   2匹
 石巻貝       1匹
 チェリーバルブ  4匹(今回追加)
 ミナミヌマエビ   5匹(今回追加)

また、水草も久しぶりに追加してみました。追加したのはパールグラスとポゴステモンヘルフェリーです。

今まであったアヌビアスナナは水槽から一時退避してもらって、現在はロタラインディカとの3種類体制で新たな水槽風景を構築する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水槽備忘録

 使用していた外部フィルター(ニッソー パワーキャニスターミニ(メーカーサポート終了済み))を掃除した際、インペラーを壊してしまい、フィルター本体の交換となりました orz

 同様な製品にするか、最初に使用していた外掛け式にするか悩んだのですが、今回は水中フィルターにチャレンジしました。採用したのは水作のスペースパワーフィットプラスM。使っている水槽サイズからすると適合製品はSサイズのほうなのですが、何とか入りそうだったので余裕をみてMサイズを選択。

 製品を水槽に設置してみると、底床をすこし下げないと収まりが悪いことが判明したので、嫌な予感がしつつ無理やり底床の砂利を若干移動させて設置して様子見したところ………

 フィルターが完全新規となったうえ、10年以上?洗っていない底床に手をつけた際に盛大にゴミを撒き散らした影響もあった為か、カージナルテトラが1匹☆になりました(ゴメンなさい)。

現在の水槽内
 カージナルテトラ  4匹(2014年3月導入)
 ヤマトヌマエビ   2匹
 石巻貝       1匹

 カージナルテトラ、ここ1年くらいで半減。その殆どは死んだことに気づく前に、水草の陰でヤマトヌマエビに掃除されてしまったもようです ^^; このヤマトヌマエビと石巻貝、いったいどれくらい長生きするんだ?

 また水槽内がえらく寂しくなってきたので、水槽が落ち着いてきたら生体を追加したいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地市場見学

 先日、移転前に一度くらいは見に行こうと思っていた、築地市場のマグロのせり場を見学してきました。1週間前に一度行ったのですが、先着120名の壁に阻まれての再チャレンジです。

 ホームページの案内には「受付時間は午前5時より」となっていて、注意書きに
「見学希望者が多数の場合は、受付開始時刻を午前5時前に繰り上げる場合があります。また、この場合、午前5時前に定数に達することがありますので、御了承ください。」
とありますが、実際には日付が替わったら先着順に受付開始のようです。1回目のチャレンジでは午前5時前に着きましたが、既に午前4時すぎには受付終了してました。今回のチャレンジでは「確実に見たいなら午前3時には来ないと」という警備員さんのアドバイスに従い、午前3時頃に到着して60人目でした(ちなみにこの日定員に達したのは午前4時45分頃)。

 受付したら、見学開始前まで時間をどこでつぶそうかと思っていたのですが、基本的に「おさかな普及センター」1階の部屋に缶詰(床に座って待機)でした ^^;

 一応ボランティアの人が時間つなぎ?でいろんな話しを振ったり、午前4時すぎころに仲買人の人が「せり」に関しての説明をしてくれたりするので、多少行列耐性のある人はなんとかなると思います。但し、この説明は英語だけです。英語がまったく判らない人は待機時間がさらに辛くなるかも(当たり前ですが、質問すればちゃんと日本語でも対応してくれます)。

 この説明が「英語だけ」、の理由は参加者を見れば一目瞭然。この日の見学者で日本人は4人くらい。日本人の参加者は毎回これくらいか、これ以下らしいです。あとは全て各国からの観光客です。アウェイ感はんぱないです ^^;

 肝心の「せり」の様子ですが、個人的感想は「こんなもんだろうな」の想像通り。まあ、日本人からすると当たり前的な感じでした。

Tsukiji_seri_1 Tsukiji_seri_2 Tsukiji_seri_3

 それより興味深かったのは市場内の様子。こちらは想像以上の混雑さにびっくり。ひっきりなしにターレーや車などが行きかい、いつ事故があってもおかしくなさそうなくらい。あの状況が見れたのが一番の成果かも。

 

おまけ
 1回目のチャレンジの際についでに場外を見て回ったのですが、午前5時あたりでは開店しているお店が少ない。結局朝食を場内の吉野家で食べたのですが、私が入った時に「いつもの」という注文が当たり前になっているお客さんが多くてびっくり。場所柄ですね。「ねぎだく」「ねぎぬき」の注文も実際に初めて聞きました。

Yoshinoya_the_1st

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WDT予想

知らない人には意味不明な書き込みです。

三連単 1-13-4 のみ!

現実だったら連複、その他押さえるかもしれませんが、野暮なので以上です。
なんとなく見ていましたが、予想以上に面白かったです。
もっと有名どころに参加してもらえたら”if"の世界が更に広がったのですが…。結果論でもあり、私もこんなに引き込まれるとは思っていませんでした。制作関係者のみなさん、予想を超えてくれてありがとう。

PS. 実際に購入したのは多分10年位前のレースが最後です^^;`すいません、イベント絡みで地方競馬を4年位前に購入したのが最後でした(爆)(2018/06/17修正)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィッシュ センターコンソールボックス交換

 ウィッシュ購入当初から少し不満があったセンターコンソールですが、2.0Z用大型センターコンソールボックスに交換しました。インターネットで検索すると先人がやはり居て、その情報を活用させて頂きました。純正オプションの大型センターコンソールボックスと迷ったのですが、箱部分の大きさをとって純正部品の流用にしました。

購入した部品は下記(購入価格は2018年5月23日時点)
  品番        部品名                    購入単価(税別)
58901-68020-C0 BOX SUB-ASSY (BOX本体)        @22300円
58891-68010-C0 EQUIPMENT PANEL (フタの部分)      @2520円
58815-68050   CONSOLE BOX CARPET (底に敷くマット)   @180円
91511-B0614   ボルト(2本必要)                  @50円

1.8X標準のセンターコンソール
Zge20g_console_box

取り外した状態
Zge20g_console_boxs_place
センターコンソール下にユニットがあって、何かと思ったらヨーレートセンサーでした。場所的に納得。

 1.8Xのセンターコンソールはカーペット下のボルト2本を外して、フロント側の固定ピンを引き抜けば外せます。内装はがし用ヘラを使えば簡単確実に外せると思います。私は構造が判らずにコンソールボックスを上に引っ張って外しました。
Zge20g_console_box_2

2.0Z用と1.8X用を並べてみるとこんな感じ。
20wish_console_box

 取付は追加購入したボルトも使ってボルト4本で固定するだけ。交換後はこんな感じです。
Zge22w_console_box_close
Zge22w_console_box_open

 いざという時に車内で前席から後席に移動しにくくなりますが、良い感じの収納スペースが確保できました。ボックス部分のフタが取り外し式でなく、ヒンジ式だったら良かったんだけど。多くは望まないようにします。

 内装色がグレージュの場合、2.0G用が流用できると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっともない記者会見

 最近テレビのネタになっている日大アメフト部の件、昨夜の元監督とコーチの記者会見は「駄目な記者会見」の良い見本になっているように感じました。

 日大卒業生なので、今回の件は非常に残念なのに、さらに事ある毎に悪手の連発。記者会見の司会者までが火に油を注ぐとは………。

 日大を詳しく知らない人で、日大に危機管理学部があることを知っている人には更に不可解な状態だと思います。大学側の危機回避的な事がなっていない件、日大が総合大学に見えて実は単科大学に近い大学である事も原因の一つだと思います。私が卒業してかなり経ちますが、未だにその点が改善されていないようです。まあ今回に限っては、そのお蔭で変に隠蔽できなくなってきているという良い?方向に向かっていますが。

 被害にあった学生、「今のところ」後遺症がでる可能性は低いらしいですが、本当に後遺症がでないかは誰にも判らないのが現実だと思います。影響が出ないことを祈ってます。

PS. オール日大ではない各学部単位で活動しているアメフト部(サークル)が風評被害を受けないことも願ってます(このオール日大の部とそうでない部の違いも知らない人には判り難いんだろうなぁ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RDT235WX液晶劣化

購入後5年未満ですが、液晶モニター(RDT235WX)の状態が悪くなりました。
1週間ほど前から画面右側(1/3程度)の色が赤みを帯び始め、焼き付き現象が生じる状態です。
(ブラウン管と違い、しばらく動画を映すなどしていれば焼き付き現象は改善します。ただ、固定画像になるとすぐに再発します。)
使用時間で倍以上使っている別の液晶モニターはぜんぜん元気なのに…。

保証期間を確認したら、3年。最近よくある5年保証だったら間に合ったのに。残念。

購入後間もなくメーカーの三菱電機が液晶モニターから撤退して、製品まで短命。今回の液晶モニターはちょっとハズレだったみたいです。
代替機種をざっと探しているのですが、なんとなく同じ系統に落ち着きそうな気配です ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FORMA FRD59-2391 購入

 30年ぶりに腕時計を新調しました。そういえば自分で購入したのは生まれて初めてだ。

 30年前のは親から大学入学祝。5年位前に公衆温泉の脱衣カゴに置き忘れをし、気が付いてあわてて戻ったのですが、既に持ち去られていました。最寄の店舗や交番に行っても届けられていませんでした orz
 その後は携帯電話で代用していたのですが、やっぱり不便。

 今回購入したのはシチズンのFORMA FRD59-2391です。現在のカタログには既に載っていないモデルで、流通在庫のみ?ヨドバシカメラでほぼ30%OFFで購入できました。

 使用感としては、機能、本体デザインは満足。ただベルトの三ツ折れ部分が少し短いのが残念。この部分がもう少し長ければ着脱がもっと楽になるし、ベルトの長さ調整の余裕度が増えて、使い勝手が良くなると思うんだけど。

 この腕時計、一応最後まで付き合ってもらう予定です ^^;
(こういう考えが出てくると年をとったと実感します(爆))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換用工具新調

 ロードスターを売却した事により不要になった部品を処分したお金で、工具を新調しました。

 購入したのは写真のセット
Msj1000s
  マサダ 油圧式パンタグラフジャッキ MSJ-1000S
  Ko-ken  12.7sq. フリーターンクロスレンチ 4711X
  Ko-ken  12.7sq. インパクトホイールナット用ソケット 14145PM-110-21

 油圧式フロアジャッキも所有していますが、重くて準備するのが面倒。以前から油圧式パンタグラフジャッキ購入を検討していたので、車を替えた事を機に購入しました。
 また、私はこれまでクロスレンチを車載していたのですが、いつも邪魔でした(それでもなんとなく降ろせない ^^;)。
 クロスレンチを車載し続けて24年。とうとうウィッシュの収納スペースに収納しやすい組立式のクロスレンチも新規導入しました。そして今回導入したクロスレンチ用のソケットとしてインパクト用のソケットも導入(ホイールナットにトルクレンチを使う際は、「ショートソケット+ショートエクステンション」を使っていたので、ロングタイプのソケットにしたく、インパクト対応は必要無いけど、価格が安価だったのと構造が選択の決め手)。

 先日実際に使用してみての感想は、

MSJ-1000S
車載ジャッキより本体が重くて設置がわずかに面倒ですが、作業は格段に楽です。特に降ろす時!

フリーターンクロスレンチ
早回し用のグリップを握った場合、あまり早回しできている感じがしないです。滑り止めがついた作業用手袋をして作業する場合を除き、回転する軸を指で軽く支えて回転させた方が、抵抗が少なく早回し可能です。個人的には「フリーターン」に関しては不要だったみたいです。分解組立可能な件は満足。

ホイールナット用ソケット
ソケット部分を覆う樹脂部品のお陰で、ホイールに傷をつけにくくなっているのが一番お勧めです。長さもトルクレンチと組み合わせた時には良い感じ。

 全体としては「なんでもっと早くに購入しなかったんだろう」です。自分で車載工具を使いタイヤ交換を実施しているタイプの人には、油圧式パンタグラフジャッキだけでも導入をお勧めします!

 ただし、油圧式ジャッキは信用できそうなメーカーの製品を選択し、使い方は十分に注意してください。意図しないタイミングで油圧が抜けての落下事故など、車載パンタグラフジャッキとは違う危険がありあます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«国産黒白フィルム終了