« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

NA8C部品交換(灰皿など)

 数ヶ月前に部品は購入してあったのですが、寝たきりもどきの状態になった影響で交換作業がやっとできました。
 今回の整備箇所はシフトノブ下のゴムブーツ類と、灰皿のフタ。シフトノブのゴムブーツはNA8Cを購入してから交換したことがあるのですが、交換してから既に11年弱。そうかぁ、もうそんなに前になるんだな。


 灰皿のフタの方は、NA8C購入直後から気になっていたけどなんとなく我慢できなくなっての交換です。
 前オーナーは喫煙者で本来の灰皿として使用していましたが、私は喫煙しないので定番の改造。購入直後に中のプレートを外し、小物入れに直して使っていました。金属部品は紙やすりである程度汚れを落としてスプレー塗装し、プラスチック部品は洗浄。ただ、このカバーのヤニ汚れのしつこさといったら………。マジックリンを使ってかなり洗ったのですが、いつまでたっても綺麗になった感じにならず、ヤニの影響と思われるやや茶色がかった色のまま。今回シフトノブのゴムブーツ部品購入を機に、合わせて交換しました。

 左側が今回購入した部品。右側が今までのもの。洗いすぎ?それとも経年劣化の影響?新しい部品はやたら光を反射しまくり、今までの部品はやたらマット感がある気がします。
Ashtray_top_new_old_1

 こんなシンプルな部品は変化が無いと思っていたのですが、裏側を見てびっくり。どちらの部品にも若干の修正がありました。上ブタ本体の追加リブはヒケ防止?小物入れとして使っている私としては中に入れた物が引っかかるル可能性が高くなるので、スライド部品の追加リブは要らなかったんだけど ^^;
Ashtray_top_new_old_2

交換後、灰皿部分が新しすぎてちょっと浮いた感じもしますが、気分良し!です。
Na8c_ashtray_1

一応、スライド部分を開けるとこんな感じです。
Na8c_ashtray_2

 今回の部品はモノタロウで購入しました。手軽で、日にちを選べば10% offで純正部品(マツダに限る?)が購入できる便利さって素敵です(笑)部品を探しているときに表示されるお勧め品、NA、NBロードスター関連部品が的確に?表示されます。NA、NBオーナーが沢山利用しているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーナビ ゴリラ いろいろ

 2年前から使い始めたカーナビの機能で、エコ?な運転で表示可能になるカーマークの存在を思い出し、試したことを等を少し。

 使用機種はCN-SP530L(以下「ゴリラ」)。このシリーズのオプションは少し高価なので、保証対象外、リスクを認識した上で流用、自作してみました。
Navi_items
 欲しかったオプションは
   家屋内用電源
   車載状態再現用部品
   パーキングブレーキxxxxx用端子

 家屋内用電源のメインはACアダプタ。写真の一番上、秋月電子通商の5V、2Aのスイッチングタイプを流用。そのままではゴリラに接続できないので、上から2番目の変換コネクタを自作して接続してます。純正品は税別7,500円。流用、自作では計1,000円弱。なんで純正品はこんなにバカ高いの?
Cnsp530l_4

 ゴリラは車載状態かどうかを背面のスライドレール内にあるスイッチで認識しているようなので、車載状態再現用部品は家にあった厚さ2mmのアクリル板を幅5mmにカットして作成。
Cnsp530l_3

 パーキングブレーキxxxxx用端子はインターネットを見るとネジを無理やり差し込んでいる人もいるみたいですが、好みではないのでサイズの合ったジャックを購入してxxxして作成。隠す必要はないかもしれませんが、あまりお勧めできない類いの目的なので、一応伏字です ^^;

 そして本題?のecoドライブによるカーマークの件。マニュアルによると
  「カーマークが追加されると、評価の連続回数カウントはリセットされます。」
とあります。しかし、写真にあるように12回の評価でカーマークをコンプリートしました(カーマーク取得以前の評価は削除してからのチャレンジ。最新のB評価は3個目のカーマーク表示日)。
 さらに、3個目のカーマークは上級でecoドライブしなければいけないはずなのに、上級に設定したのは3個目のカーマークを取得した日のみ。いったいこれは?
Cnsp530l_6
Cnsp530l_5
 3個目のカーマークは上級に設定してチャレンジしたけど、あまりのハードモードで嫌気が差してなんとなく電源を一旦切って再度電源を入れたら取得していた………。なぞです。

 トライしたことのある経験者ならご存知かと思いますが、ゴリラのecoドライブの加速評価って信じられないくらい厳しい基準です。普通に交通量のある道路だと殺意をいだかれるかと思うほど。メーカーの担当者も評価が厳しすぎて、この機能に関してデバッグが正しく出来ていないとか?

 結果として思いのほか楽にコンプリートしましたが、大変だし、得られるカーマークに魅力が無いので2度とチャレンジしたくないです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »