« WannaCryの前と後 | トップページ | NAロードスター 純正部品再供給 »

EX-Gマウスのエッヂ処理

 今まで使っていたELECOMのマウス(M-M6URWH)の左クリック用スイッチが壊れてきたようなので、久々にマウスを購入。

 今回選んでみたのはELECOMのEX-G有線タイプのLサイズ(M-XGL10UB)。店頭でサンプルを触ってみて、なんとなく感じが良かったので購入。昔ながらの形状でないエルゴノミクスデザイン?なマウスの購入は今回が初めて。

 カウント数が800から2000になった分、マウスの動きがより滑らかになったのはなんとなくヌルヌル動く感じで気持ち悪さを少し感じました ^^;

 10分程度使ってみた結果、思いっきり気になったのが底面パーツの上面側エッヂ部分。親指から母子球あたりが触れる辺り。店頭では気になりませんでしたが、エッヂがたっていて、長時間使っていると手が触れている部分が痛くなりそう。なので、紙ヤスリでエッヂを丸めてみました。軽く丸めてあげるだけでまったく別物の感触。なんで最初からこの部分のエッヂにRを付けていなかったんだろう?

 私は一番安価なタイプを購入しましたが、EX-Gシリーズ全体が同じようなエッヂ処理であれば、エッヂ部分の丸め処理は手軽でお勧めです。但し、その後の保証等に関してはどうなるか不明です。実施される場合は、あくまで自己責任にてお願いします(爆)


追記

Exg

 気になる人は、もう少し右側(金型の分割跡が残っている辺り)まで丸めると、手に触る感触がもっと良くなると思います。

|

« WannaCryの前と後 | トップページ | NAロードスター 純正部品再供給 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81891/65468042

この記事へのトラックバック一覧です: EX-Gマウスのエッヂ処理:

« WannaCryの前と後 | トップページ | NAロードスター 純正部品再供給 »