« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

水槽備忘録

水槽内が安定しているようなので、早速生体を追加しました。現在の状態は以下のようになりました。
 カージナルテトラ   4匹(2014年3月導入)
 ヤマトヌマエビ   2匹
 石巻貝       1匹
 チェリーバルブ  4匹(今回追加)
 ミナミヌマエビ   5匹(今回追加)

また、水草も久しぶりに追加してみました。追加したのはパールグラスとポゴステモンヘルフェリーです。

今まであったアヌビアスナナは水槽から一時退避してもらって、現在はロタラインディカとの3種類体制で新たな水槽風景を構築する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水槽備忘録

 使用していた外部フィルター(ニッソー パワーキャニスターミニ(メーカーサポート終了済み))を掃除した際、インペラーを壊してしまい、フィルター本体の交換となりました orz

 同様な製品にするか、最初に使用していた外掛け式にするか悩んだのですが、今回は水中フィルターにチャレンジしました。採用したのは水作のスペースパワーフィットプラスM。使っている水槽サイズからすると適合製品はSサイズのほうなのですが、何とか入りそうだったので余裕をみてMサイズを選択。

 製品を水槽に設置してみると、底床をすこし下げないと収まりが悪いことが判明したので、嫌な予感がしつつ無理やり底床の砂利を若干移動させて設置して様子見したところ………

 フィルターが完全新規となったうえ、10年以上?洗っていない底床に手をつけた際に盛大にゴミを撒き散らした影響もあった為か、カージナルテトラが1匹☆になりました(ゴメンなさい)。

現在の水槽内
 カージナルテトラ  4匹(2014年3月導入)
 ヤマトヌマエビ   2匹
 石巻貝       1匹

 カージナルテトラ、ここ1年くらいで半減。その殆どは死んだことに気づく前に、水草の陰でヤマトヌマエビに掃除されてしまったもようです ^^; このヤマトヌマエビと石巻貝、いったいどれくらい長生きするんだ?

 また水槽内がえらく寂しくなってきたので、水槽が落ち着いてきたら生体を追加したいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地市場見学

 先日、移転前に一度くらいは見に行こうと思っていた、築地市場のマグロのせり場を見学してきました。1週間前に一度行ったのですが、先着120名の壁に阻まれての再チャレンジです。

 ホームページの案内には「受付時間は午前5時より」となっていて、注意書きに
「見学希望者が多数の場合は、受付開始時刻を午前5時前に繰り上げる場合があります。また、この場合、午前5時前に定数に達することがありますので、御了承ください。」
とありますが、実際には日付が替わったら先着順に受付開始のようです。1回目のチャレンジでは午前5時前に着きましたが、既に午前4時すぎには受付終了してました。今回のチャレンジでは「確実に見たいなら午前3時には来ないと」という警備員さんのアドバイスに従い、午前3時頃に到着して60人目でした(ちなみにこの日定員に達したのは午前4時45分頃)。

 受付したら、見学開始前まで時間をどこでつぶそうかと思っていたのですが、基本的に「おさかな普及センター」1階の部屋に缶詰(床に座って待機)でした ^^;

 一応ボランティアの人が時間つなぎ?でいろんな話しを振ったり、午前4時すぎころに仲買人の人が「せり」に関しての説明をしてくれたりするので、多少行列耐性のある人はなんとかなると思います。但し、この説明は英語だけです。英語がまったく判らない人は待機時間がさらに辛くなるかも(当たり前ですが、質問すればちゃんと日本語でも対応してくれます)。

 この説明が「英語だけ」、の理由は参加者を見れば一目瞭然。この日の見学者で日本人は4人くらい。日本人の参加者は毎回これくらいか、これ以下らしいです。あとは全て各国からの観光客です。アウェイ感はんぱないです ^^;

 肝心の「せり」の様子ですが、個人的感想は「こんなもんだろうな」の想像通り。まあ、日本人からすると当たり前的な感じでした。

Tsukiji_seri_1 Tsukiji_seri_2 Tsukiji_seri_3

 それより興味深かったのは市場内の様子。こちらは想像以上の混雑さにびっくり。ひっきりなしにターレーや車などが行きかい、いつ事故があってもおかしくなさそうなくらい。あの状況が見れたのが一番の成果かも。

 

おまけ
 1回目のチャレンジの際についでに場外を見て回ったのですが、午前5時あたりでは開店しているお店が少ない。結局朝食を場内の吉野家で食べたのですが、私が入った時に「いつもの」という注文が当たり前になっているお客さんが多くてびっくり。場所柄ですね。「ねぎだく」「ねぎぬき」の注文も実際に初めて聞きました。

Yoshinoya_the_1st

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »