新規ボディ完成

 またまたラジコンネタ。
 ラジコン開始時に購入したボディはAE86レビン。練習中にボロボロにしてしまい、今回新規ボディを製作しました。新規ボディの選択基準は安価であり、ボディを上からみてコーナー部に丸みがあること。

 レビンで練習していた時、かなりぶつけまくった結果、フロント左右のコーナー部分が見事に割れました ^^;この経験から、多分角ばったボディより丸みのあるボディの方がぶつけても壊れにくいだろう(ぶつけない、という選択肢はありえません(笑))、という経験が選択基準に反映されています。

 店頭で探した結果思っていたほど安価ではないですが、丸みがあることからHPI社の190mm幅ボディ、Dodge Viper GTS-Rにしました。
 今回初めてメタリック塗装に挑戦。そして完敗しました。塗装前にいつもと同様なんの考えも無しに塗装面を足付け目的にサンドペーパー処理。そして中性洗剤で洗っていざ塗装!そして表から見ると……
 見事にサンドペーパーの傷が表に現れているっ! orz
(傷が見えやすいように写真の色はいじっています)
Scratch

 メタリック塗料の場合、裏から塗装しても傷がはっきり残る事を学習しました(涙)塗り分け用マスキングをする時、私はボディにマスキングテープを貼ってからカッターでマスキングを切って形を整える事をよくしますが、メタリック塗装をする箇所ではカッター跡を余分に残すと危険ということも判明。実車同様メタリック塗装は難しいんですね。

 ちなみに完成したボディはこんな感じ。使った色はタミヤのメタリックブルー。一応裏打ちにブリリアントブルーを使用。傷が見えにくいよう、若干暗めで撮影 ^^;

Dodge_viper

Dodge_viper_front

Dodge_viper_rear


 このボディをヨコモのドリフトパッケージシャーシで使う場合、リヤのボディ取り付けステーの位置がリヤガラス部分の曲面になります。気にしない人は関係ありませんが、気になる人はステーにゴムチューブを斜めにカットしたものをスペーサ代わりに入れる事をお勧めします。
Body_stay


 あと、このボディは割れ対策で事前にシューグーで補強済み。このボディでしばらくは遊べる予定です。
Dodge_viper_front_inside

Dodge_viper_rear_inside

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには工作でも

 ここしばらく更新頻度が落ちているので、今年の春から色々あって始めたラジコンからブログネタを作ってみました。

 今遊んでいるのは電動のドリフトラジコン。ボディーと車体の固定にスナップピンというのを使っているのですが、小さいので取り外すときに面倒。かといって大きい物に換えるとかっこ悪そう。そういった人向け?にワイヤーで繋いである製品が販売されているんですが、積極的に購入する気がないため接続ワイヤーの長さがどれだけ必要か調べる事もなく店頭で悩んでしまい、結局購入していませんでした。店頭で製品を見る都度「簡単に製作できるよなぁ」と思っていた事をDIYのお店に行った時に思い出し、今回製作してみました。

 購入部品は、アルミクランプカン258円、ステンレスワイヤー(0.81mm径、40cm)56円。ワイヤーは余裕を見て長めに購入。1/10サイズのラジコン1台分(2本)しか製作しないなら30cmもあれば十分?
Wire_clump_parts


 作り方は車体のサイズに合うようにワイヤーをカットし、クランプをカシメて固定するだけ。とても簡単です ^^;
Wire_clump


 ただ注意した方が良いのはワイヤーの端面処理。最初に1本製作して試してみるとカシメ金具からワイヤーの端が出ていたので、ほぐれたワイヤーが指に当たって痛い。金具からはみ出たワイヤーをカットしてみたのですが、やっぱりいくらか触ってしまい都合が悪かったです。
 結論としてお勧めはワイヤーの端をカシメ金具から出さない、となりました ^^;
Good

Ng


 1台分しか製作しないなら専用部品を購入してもコスト的にはたいして違いが出ませんが、予備などとして複数台分製作するなら簡単だし安価(おおよそ150円/1台分)なので欲しい人には自分で製作することをお勧めします!

| | コメント (3) | トラックバック (0)