劇団ふるさときゃらばん

 昨日、チケットをもらったので初めて「劇団ふるさときゃらばん」の劇を観てきました。演目は「地震カミナリ火事オヤジ」でした。地元にある劇団なのですが、とくに観劇が好きなわけでもないので今まで観たことがありませんでした。感想は「興味が無くてもそこそこ楽しめた」です。

 演劇に興味が無いので、演技に関しては良いのか悪いのかは不明。ただ素人から見て驚いたのが舞台の大道具、照明、衣装関連。舞台の出演者が浮かんで見える(飛び出して見える、という表現が適切?)。舞台を観ながら何が原因でああいった視覚効果が得られるのか考えていたのですが、勉強もしたことない素人なのでやっぱり判りませんでした ^^; 背景に対して出演者の側(舞台の客席側)だけを明るくして、明るさによる膨張効果が効いているのでは?と思ったけど、どうなんだろう。

 また、あれだけの人数があのサイズの舞台(東京都府中市にある府中の森芸術劇場ふるさとホール)であんあに動けるのに驚かされました.さすがプロ。

 あと、劇が終了して会場を出ようとしたとき、ロビーへの通路に出演者が並んで見送りに来ていたのにはビックリ。ふるさときゃらばんのような劇団は、こういった事をするのがあたりまえ?それともふるさときゃらばんが少数派?

 たまには普段接することのないものを体験するのも良いな、と改めて感じたイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)