Mac mini 2020(2018)導入

 前回の記事に書いたMac miniの本体更新、やっと落ち着きました。今回はMac miniをBTOで購入しました。今までのMac mini(以下、旧Mac)のストレージ容量が1TByteだったのと、せっかくだから後から変更できないイーサネット部分を10Gに変更しました。
 そして6日に届きました。かかった日数は下記のとおりでした。Mac miniは上海で製造なんですね。半年前だと新型コロナ関連ではたしていつ届いたことやら。

8/31 夜間発注
9/3 発送(上海)
9/4 中継(深セン)
9/5 ADSC支店(日本)
9/6 到着

 旧Macからの移行はバックアップがそれなりに取れていたので、Time Machine経由でもなんとかなりそうだったのですが、それより直接の方が速そうなので旧MacからSSDを取り外して、所有していたUSB3.1Gen2ケースに入れてUSB経由で行いました。データ転送時に表示されていた転送時の転送速度は、最低で20MB/秒。最高は400MB/秒でした。Time MachineのHDDはUSB3.0だったので、転送速度の面でも結果としてやはりこちらが正解だったかな。

 移行後は大体問題なく動いたのですが、メールのパスワード再設定など微妙な設定のやり直しが必要でした。すべてを再インストールするなどと比べれば十分速やかに作業を終えることができました。

 そして、今回の移行のメインイベント。メモリの交換を数日前に終わらせました。BTOでもメモリを変更できますが、ちょっとその価格差に………。この作業をする予定だったので、購入時にAppleCareは購入してません ^^;

 今回購入したメモリは下の写真のものです。32GByteにしました。16GByteでも良かったのですが、せっかくなのでちょっと奮発。以前より頻度が落ちますが、動画編集対策です。

  • Cfd_w4n266ps_16g

 作業自体はインターネットで紹介されている資料を参考にして、スムーズに終了しました。情報を公開してくれている人たちに感謝です。

 参考までに基板の写真でも。 

  • Mac_mini_2020_pcb_1
  • Mac_mini_2020_pcb_2

 

 交換後のメモリはこんな感じです。

  • Mac_mini_2020_ram_setting_1


 私が作業をして一番手こずった?のはメモリをソケットに差す部分。2枚あるメモリモジュールのMac mini基板側の1枚が上手く差し込めず、最初は下の写真の赤丸部分の金具がメモリモジュールの穴にちゃんと収まりませんでした。リスクを覚悟して自分でこの作業をする人は、注意してください。私の敗因はたぶんメモリモジュールを差し込む時の角度が悪かったのだと思います。 

  • Mac_mini_2020_ram_setting_2

 


 今回の作業をするにあたってネックになったのは、やっぱり工具です。旧MacのSSD換装でヘラ類は持っていたのですが、トルクスのサイズが変更されていて工具の新調が必要でした。T10は所有していたので、必要だったのはT5とT6H。私は下記の製品を購入しました。トラスコのTHRー6HとWeraの867/4(T5)です。どちらもヨドバシカメラで通販でした。ヨドバシカメラもだんだん「カメラ」から離れているような…。

  • Thr_6h
  • Wera_867_4

 T6Hはこの製品でまったく問題なかったです。ただ、ブロワファンを脱着する際にあと3cm位は長い方が作業が楽そうだったので、T6のもう少し長いグリップ付きのものがあると作業は楽です。
 T5もこんな形状よりグリップ付きの方がお勧め。私は差し込みタイプにこだわったのでこの工具です。今回の作業ではT5のネジの脱着は、私の場合この工具の6角部分を直接つまんで回すだけで可能でした。

 

 おまけとして、ちょっと参考まで。
 磁化されていない工具で今回のような作業をすると、ネジがどこかに行ってしまいそうなので、下の写真のように小さい磁石を工具にくっつけて作業すると便利です。

  • Daiso_magnet_371

 

2020/09/10 写真サイズ修正、一部追記。

| | コメント (0)

Mac mini Late 2012 終了

気が付いたらまたブログの更新がかなり滞ってました。

時々ネタはあったのですが、サボってました。

2013年4月に購入したMac mini、半月程前から調子が悪くなり、先週から一気に悪化。症状は突然の電源オフ。 ちょっと心配になってあわててバックアップをとり、そこから数日で起動してから1時間持たなくなりました。 予想したのはクーリングファンか電源の故障。調べるとクーリングファンは回るようですが、なんとなく制御が怪しい。 ただし、クーリングファンを強制的に回して温度が問題なくても突然死の状態に変化ないので電源故障も十分可能性あり。

電源とクーリングファンの交換も検討しましたが、もうそろそろOSサポートの対象外にされそうなのと、基板上のコンデンサ劣化の可能性も高いので本体更新としました。

久々の購入ですが、Mac miniが高価になっていたのにはびっくり。性能向上はしているけど、もう少し安価な設定が欲しかったです ^^;

| | コメント (0)

久々のゴールデンウィーク?


毎年ゴールデンウィークはありますが、現在の仕事になってからは連休を享受できていませんでした。しかし、今回の新型コロナウィルスの影響で久々に連休を享受できることになりました。なぜだろう?連休が全然嬉しくない ^^;

みなさん、出来るだけ自宅警備員やって早期収束をめざしましょう!

PS. 曜日のならびで今年は行けそうだった長岡の花火大会が中止になったのが、個人的にダメージでかいです。数年前から楽しみにしてたのに…。

| | コメント (0)

NIKON D500購入

 気が付けばモデルチェンジの噂が出始めたD500がかなり安価になってきていたので購入を検討。デジカメ新調目的で「500円硬貨で約30万円、100円硬貨で約8万円貯まる」という缶の貯金箱で貯めてた100円硬貨を確認したら12万弱入ってました。ということで追加で2万円出せばD500が購入できたので、政府のキャッシュレスキャンペーンに協力し?思い切ってD500を購入しました。

 そして気が付いたら、本体以外での追加の金額が思いのほか多かった…。

 メモリカード、カードリーダー、カメラバッグ、そして何故かレンズ。そうです、結局本体のみでなく、レンズ付きキットで購入しました(爆)レンズ単体の金額とキットでの差額を考えると後で欲しくなったら悲しいと思い、思い切りました ^^;


 メモリーカードはXQDカードがCFexpressに切り替わりそうですが、その為か偶々安価になっていたSONYの64GB XQDカードがあったのでCFexpressを待たずにXQDカードを購入。そして折角のダブルスロットなのでUHS-IIのSDカードも購入。よって?カードを読み込む為にSONYのカードリーダー MRW-E90も購入です。


 カメラバッグはD7000で使用していたホルスタータイプのバッグを流用しようと思っていたのですが、常用レンズが大型化したので流用できず、エツミのCO-8729を購入しました。D500レンズキットを収納するのに丁度いい様に感じます。ヨドバシカメラの店頭にカメラを持参して、購入前にサイズを確認させてもらえて助かりました。


 あと、D7000で使っていたEN-EL15バッテリーをD500でも使おうと思っていたのですが、D500で不具合が出る初期型(Li-ion01)だったので、ニコンプラザに行ってD500対応製品に交換してもらいました。使っていてバッテリーの劣化が判らないくらい程度は良かったのですが、新品バッテリーになってちょっと得した気分です。

| | コメント (0)

Win7サポート終了

 いよいよ一般ユーザー向けWin7のサポートが終了しました。正月にMS Officeのライセンス認証でトラブった件も休み明けにサポートに電話して解消できたので、なんとか期限内にWin10に移行できた模様。これでまたしばらく面倒な作業をしなくて済みます。

 Win10は少なくともあと5~6年は現役でいて欲しいです。ただ、今度は先にMac mini本体に問題発生する方が先かも。大穴で自分の健康に問題が発生するのは勘弁です(爆)

| | コメント (0)

いきなりトラブル

 年始の休みを利用して、ノンビリ撮り貯めたテレビの録画番組を視聴しようとしていたのですが、ブルーレイレコーダのUSB HDD接続機能にトラブルが発生しました。最初はUSB接続のHDD自体のトラブルかと思っていたのですが、調べてみるとブルーレイレコーダ本体側のUSBインターフェースの問題でした。症状としては、USB HDDの存在は認識するも、読み込みもフォーマットも不可。

 今までUSB HDDに撮り貯めた全データが見れなくなったショックに、半ば自棄になって急遽新たなブルーレイレコーダを購入してきました。以前はパナソニックでしたが、今度は丁度安価だったので東芝。

 今度はあまり撮り貯め過ぎないようにして、悲しい事にならないようにしたいと思います ^^;


 予定が無くなったので、先延ばしにしていたメインPC(Late2012 Mac mini上)のWin10移行作業に着手。途中までいってMS Office 2013のライセンス認証でトラブル発生。サポートに電話するも年末年始でお休み状態。結局あと数日は移行作業は完了しなさそうです。

 今年はどんな年になるのやら………。

| | コメント (0)

PC更新 その後

 先日更新した自作PCですが、起動時にHDDをマウントしてくれない事が時々発生。デバイスドライバを変更するなどしても現象変わらず。
 少し不良セクタも発生していたので、今回の購入時に獲得したポイントを使って、HDDをSSDに変更してみました。これで解決すると良いのですが。

旧 HDD HITACHI HDP725050GLA360 (旧PCから移植)
新 SSD SanDisk PLUS SDSSDA-1T00-J26 (1TB)

| | コメント (0)

Win10を使ってみて

 今のところWin10に移行しての使用感は、Win7との違いに若干戸惑っていますが、可もなく不可もない、といった感じです。
 インストール時に一番困惑したのは「Microsoftアカウント」と「ローカルアカウント」というアカウントの種類分けの存在。ほとんど予備知識無しでWin10をインストールしたので、何が違うのかすら判っていませんでした ^^;

 使用するにあたって少し変更して欲しい箇所は、サインイン画面でのユーザーのサインイン状態の表示有無。サインアウトせずに複数のユーザーが同じPCを切り替えながら共同使用する時、Win7ならログオフしていないユーザーがログオン画面で確認できますが、Win10ではサインイン画面で誰がサインイン状態にいるか表示されません。なのでサインイン画面でシャットダウンしたい時、サインイン状態のユーザーが居るとすぐにシャットダウン作業に入れない時があります。一度サインインして、誰のアカウントがサインイン状態か確認する必要があるのが面倒です。


 その他各種設定に関するインターフェースなどはWin7とほぼ同じなので、設定画面を出すのに戸惑う部分もありましたが詳しく調べなくても対応可能でした。

 Outlook や OneDrive、Office 365 など Microsfot サービスを使い始めればWin7より使い勝手が良いのかもしれませんが、私は使うつもりが無いのでその手の機能は存在しないのと同じ(使いたくなくても誘導される可能性がある分、迷惑?)。


 取り敢えず、全体としては「もっと困惑させられるかも」と思っていたけど「なんとかなりそう」でホッとしています。いまの所は、ですが。

| | コメント (0)

PC更新

 一年前辺りから、時々突然暴走するなど若干動作不安定になったPC。対策してましになりましたが、突然暴走する症状はまれに発生。Win7のサポート終了までにはまだ時間がありますが、いよいよPCを更新しました。以前の記事で「2020年までもてば」と書きましたが、部品交換したりしたけどなんとかもってくれたと言っていいかな ^^;

 今回は久々にケース、電源も同時更新。再利用したのはユーザーデータ用のHDDとBDドライブ。新しく購入したPCの構成は以下の通りです。

   ケース SilverStone SST-PS13B
    電源 玄人志向 KRPW-GK550W/90+
マザーボード ASRock Z390 Extreme4
     CPU INTEL Core i5 9500(3.0GHz)
     RAM Corsair CMK32GX4M2A2666C16(DDR4 PC4-21300 16GBx2)
     HDD HITACHI HDP725050GLA360 (旧PCから移植)
     SSD CFD CSSD-M2B5GPG3VNF (M.2 2280NVMe Gen4 500GB)
光学ドライブ PIONEER BDR-206M (旧PCから移植)
     OS Windows 10 Pro 64bit

 性能的にアンバランスな部分もありますが、欲しい機能、性能、コストを検討したらこんな構成になりました。とりあえず環境を移行して動かしてみている範囲では10年以上を経たPCの性能向上を実感しているところです。

 

ちなみに、今までのPCの構成はこんな感じでした(2008年12月20日辺りから稼働)

   マザーボード GA-E7AUM-DS2H(GIGABYTE)
グラフィックボード GEFORCE GT 710 2GD3H LP(msi)
        CPU INTEL Core 2 Duo E8400(3.0GHz)
        RAM ADT DDR2 2GBx4 (PC2-6400)(途中で2枚別製品と交換
        HDD HITACHI HDP725050GLA360 (SATA2 500GB 16MB)
        SSD ADT ASP550SS3-240GM-C (2.5”SATAⅢ240GB TLC)
   光学ドライブ PIONEER BDR-206M
        OS Windows 7 Pro SP1 64bit
  *SSDは途中で起動ドライブとして追加

  *光学ドライブは途中で変更。(2019/11/15 追記)
  *グラフィックボードは途中で追加。(2019/11/15 追記)

| | コメント (0)

HDDとSSD

 長年使ってきたWin用のHDD(HDS722020ALA330)に不良セクタが発生しはじめたのでHDDの更新を行い、ついでにここ数年検討していたMac miniのSSD化も同時に実施してみました。

 HDS722020ALA330の方は、64,305時間辺りで不良セクタが初めて発生し、68,167時間辺りで不良セクタ数が5。交換時の稼働時間はおよそ68,851時間でした。夏場にエアコンが無い部屋で、これだけ頑張ってくれたのは当たりなHDDだったのかも。
 更新後もHGSTのHDDにしたかったのですが、良いのが見つからなくて今度のHDDは東芝のMD04ACA400。また10年程度は無事に稼働してくれる事を期待しています。

 Mac mini late2012のSSD化は緊急性も無く、またSSDの価格で若干躊躇していたのですが、良い感じに価格が下がってきたのと、夏本番を前に内部の埃掃除を兼ねて実施しました。今回購入したSSDは、SanDiskのX600 1TB。購入時のHDDが1TBモデルだったので、それより容量の少ないSSDは検討対象外でした。

 インターネットのMac mini分解情報を参考にして物理的な交換はスムーズに終了(HDDを外してSSDをインストールする際、基板をずらす必要はありませんでした。fusion化は内部の発熱量を抑えたかったので不採用)。情報公開に感謝です。ただ、その後の再構築に若干手間取り(何がいけなかったのかTime Machineを使った移行が当初うまくいきませんでした)ちょっと焦りましたが、なんとか無事にHDDからSSDへの移行が完了しました。うまく進めば、MacのTime Machineからの再構築はとっても簡単!
 HDDからSSDへの変更で、期待していた通りの速度向上も体験でき、とても満足!私はParallelsを使いMac mini上でWinも動かしていますが、ここ数年でParallelsでWinを起動する時間が長くなってきた感じがしたのですが、一気に短時間化!Win上のアプリの起動時間も体感できるくらい早くなりました。Late2012のユーザーさん、SSD化はお勧めです!!!!!
 AppleのOS対応サポート終了がいつになるか判りませんが、あと10年はいける?

 次の課題はParallels上のWin7からWin10への移行かな ^^;

| | コメント (0)

«水槽備忘録