« 一区切り | トップページ | CRTから液晶へ »

テレビ業界のあきれた話し

パナの新型テレビCM拒否 技術ルール違反と民放

テレビの電源を入れると、放送番組とインターネットのサイトなどが画面に一緒に表示されるのは、関係業界で定めた技術ルールに違反するとして、民放各局がパナソニックの新型テレビのCM放映を拒否していることが6日、分かった。

 久々にバカバカしすぎて目が点になりました ^^;
 便利な製品をわざわざ使いにくくするとは。
 こんなくだらない業界規制をしていると、「規制我関せず」な海外メーカのテレビやPC、タブレットなどが国内市場に入りやすくなり、最後は国産テレビに大きな悪影響が出てくる可能性が高い、という事が勉強できていないなんて……。

 iPodとウォークマンの関係をテレビで再現しそうな気配十分です。他にもバカバカしい規制が沢山あるんだろうなぁ。

 最近はくだらない編集(CM前後の重複が長い!)をしている番組が多すぎるので、時間節約の為にも録画してから重複部分を"CMごと飛ばして"効率よく見てます。私みたいな人はそこそこいると思います。テレビCMの最大の敵は番組編集責任者?(笑)

 弊害として、知りたかったCM情報を見逃すことも時々ありますが ^^;

|

« 一区切り | トップページ | CRTから液晶へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ業界のあきれた話し:

« 一区切り | トップページ | CRTから液晶へ »