« 有効活用? | トップページ | 少し身軽になりました »

D-RAMが壊れた

 数年間使っている自作PCの調子が変なので、ちょっと確認してみました。症状は「時々システムダウン」、「データが多そうなホームページを同時に10箇所くらいアクセスするとブラウザが落ちる」といったもの。なんとなく直感で「メモリ?」と思い、memtest86を実行してみたらビンゴ!でした ^^;

 マザーボード側の問題も捨てきれないので切り分け作業をした結果、4GByteより後ろに実装されていたモジュールに故障がありました。下位2ビットが0固定になっているアドレスが4つある模様(memtest86のマニュアルをちゃんと読んでいないので多分)。

 WinXPの時はRAMディスクにしていたので気が付きにくかったけど、Win7の64bit版にしたのでメモリを大量消費し始めるとその領域をプログラムがアクセスするようになって症状が頻発?

 近所のハードオフでメモリを探してこようかと思ったのですが、品質を気にするが面倒なので素直に通販で発注。アクセスタイミングを揃えるために2枚同時購入。DDR2-800 2Gが2枚で7,000円ちょっと。トレンドから離れた製品になってしまったので、前回購入したときの2倍の価格になってました orz

 これであとはノーメンテナンスでWin7のサポート終了時期までは頑張ってくれることを期待したいと思います!

|

« 有効活用? | トップページ | 少し身軽になりました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D-RAMが壊れた:

« 有効活用? | トップページ | 少し身軽になりました »