« 水槽備忘録 | トップページ | WinXP認証サービス稼働中 »

Mavericks(10.9)からYosemite(10.10)

 またしばらく更新サボってました。ネタは仕入れていたのですが暑くて更新をさぼり、時期を逸しました ^^;(長岡の花火大会は良かったです。3尺玉は凄かった!)

 ということで本題です。Mac miniを使い始めてしばらくしますが、やっとデータバックアップをするようにしました。目的はYosemite導入前の復元ポイント作成。よってTime Machineを使ったバックアップです。

 個人的にはMavericksで十分なんですが、もう少しでEl Capitan(10.11)がリリースされるのに、今更Yosemiteにバージョンアップしてみました。まだ少し触った程度ですが、

  起動時間が長くなった?
  Safariの動作が重い?
  慣れていないのでフラットデザインに違和感

といったあたりが第一印象です。ここ最近のOS XのバージョンアップはiOS機器との連携強化がメインな気がしますが、私はiOS機器を所有していないし、今のところ購入予定もないので、そういう意味からもバージョンアップのありがたみをあまり感じないんですよね。

 El Capitanがリリースされたら、またしばらく様子見をして、私の環境で問題が発生しそうもなければ、世の中について行くためにバージョンアップをしようと思います。無料にしてくれたお蔭で気軽にOSのバージョンアップを検討できるのは助かります。

 私の場合、AppleがOSのバージョンアップを以前のように有料にしていたら、多分セキュリティソフトがサポートを続けてくれる限りはOSのバージョンアップはしなかったと思うので、以前の私にとってのOS寿命は実質セキュリティソフト会社に握られていました ^^;

|

« 水槽備忘録 | トップページ | WinXP認証サービス稼働中 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mavericks(10.9)からYosemite(10.10):

« 水槽備忘録 | トップページ | WinXP認証サービス稼働中 »