« 2019年4月 | トップページ | 2019年11月 »

HDDとSSD

 長年使ってきたWin用のHDD(HDS722020ALA330)に不良セクタが発生しはじめたのでHDDの更新を行い、ついでにここ数年検討していたMac miniのSSD化も同時に実施してみました。

 HDS722020ALA330の方は、64,305時間辺りで不良セクタが初めて発生し、68,167時間辺りで不良セクタ数が5。交換時の稼働時間はおよそ68,851時間でした。夏場にエアコンが無い部屋で、これだけ頑張ってくれたのは当たりなHDDだったのかも。
 更新後もHGSTのHDDにしたかったのですが、良いのが見つからなくて今度のHDDは東芝のMD04ACA400。また10年程度は無事に稼働してくれる事を期待しています。

 Mac mini late2012のSSD化は緊急性も無く、またSSDの価格で若干躊躇していたのですが、良い感じに価格が下がってきたのと、夏本番を前に内部の埃掃除を兼ねて実施しました。今回購入したSSDは、SanDiskのX600 1TB。購入時のHDDが1TBモデルだったので、それより容量の少ないSSDは検討対象外でした。

 インターネットのMac mini分解情報を参考にして物理的な交換はスムーズに終了(HDDを外してSSDをインストールする際、基板をずらす必要はありませんでした。fusion化は内部の発熱量を抑えたかったので不採用)。情報公開に感謝です。ただ、その後の再構築に若干手間取り(何がいけなかったのかTime Machineを使った移行が当初うまくいきませんでした)ちょっと焦りましたが、なんとか無事にHDDからSSDへの移行が完了しました。うまく進めば、MacのTime Machineからの再構築はとっても簡単!
 HDDからSSDへの変更で、期待していた通りの速度向上も体験でき、とても満足!私はParallelsを使いMac mini上でWinも動かしていますが、ここ数年でParallelsでWinを起動する時間が長くなってきた感じがしたのですが、一気に短時間化!Win上のアプリの起動時間も体感できるくらい早くなりました。Late2012のユーザーさん、SSD化はお勧めです!!!!!
 AppleのOS対応サポート終了がいつになるか判りませんが、あと10年はいける?

 次の課題はParallels上のWin7からWin10への移行かな ^^;

| | コメント (0)

水槽備忘録

 水草の状態が悪くなり、さらに底床の砂利に溜まったゴミ等が酷くなったので10数年ぶり?に水草リセットを兼ねて砂利を洗いました。

 導入直後は凄い勢いで拡大したポゴステモンヘルフェリーですが、気がついたら一気に劣勢になり、淘汰されました。拡大していった際に縦方向にもかなり伸びたので、私の水槽では光量不足もあったかもしれません。

 また、長年に渡り頑張っていた最後のヤマトヌマエビが気がついたら消えてました。密生したパールグラスのおかげで☆になったのに気がつかず、気がつく前にミナミヌマエビが食べてしまったようです。

現在の水槽内
 石巻貝       1匹
 チェリーバルブ   3匹(2018年7月導入)
 ミナミヌマエビ   15匹(最初は5匹)(2018年7月導入)
 レッドトップミッキーマウスプラティ 4匹(2018年11月導入)

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年11月 »