« Mac mini 2020(2018)導入 | トップページ | 水槽備忘録 »

ウィッシュ CVTフルード交換

 先日ディーラー車検に出した際に、走行距離(約78,000km)からCVTフルード交換を提案され、交換後の効果はあまり期待しないで気休め的に交換をお願いしました。

 しかし車検終了後に動かした瞬間、CVTフルード交換の効果が判ってビックリしました。動き出しがスムーズ!

 私のウィッシュは中古で購入した時点(約64,500km)で、動き出しの動きがギクシャクする車体でした。どんなにゆっくりアクセルを開けてスタートしても、車体が動き出すのは一旦「溜め」が入り、ほんの僅かですが「ガタン?」といった感触があったのです。CVT車両をじっくり運転したことがそれまで無かったので、CVT車両はこういう物だと思っていて、その後別のCVT車両を運転した際は、ウィッシュより高級車両だったので、価格差による違いかと思い込んでいました。

 CVTフルード交換のコストはNA8Cでミッションオイルとデフオイルを自分で2回交換したと思えばそれより安価だったので、もっとサッサと実施しておけば良かったです。

 今回の車検では他にオルタネーターベルトを交換。次回はウォーターポンプ交換が必要かも。

|

« Mac mini 2020(2018)導入 | トップページ | 水槽備忘録 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mac mini 2020(2018)導入 | トップページ | 水槽備忘録 »