Win7サポート終了

 いよいよ一般ユーザー向けWin7のサポートが終了しました。正月にMS Officeのライセンス認証でトラブった件も休み明けにサポートに電話して解消できたので、なんとか期限内にWin10に移行できた模様。これでまたしばらく面倒な作業をしなくて済みます。

 Win10は少なくともあと5~6年は現役でいて欲しいです。ただ、今度は先にMac mini本体に問題発生する方が先かも。大穴で自分の健康に問題が発生するのは勘弁です(爆)

| | コメント (0)

いきなりトラブル

 年始の休みを利用して、ノンビリ撮り貯めたテレビの録画番組を視聴しようとしていたのですが、ブルーレイレコーダのUSB HDD接続機能にトラブルが発生しました。最初はUSB接続のHDD自体のトラブルかと思っていたのですが、調べてみるとブルーレイレコーダ本体側のUSBインターフェースの問題でした。症状としては、USB HDDの存在は認識するも、読み込みもフォーマットも不可。

 今までUSB HDDに撮り貯めた全データが見れなくなったショックに、半ば自棄になって急遽新たなブルーレイレコーダを購入してきました。以前はパナソニックでしたが、今度は丁度安価だったので東芝。

 今度はあまり撮り貯め過ぎないようにして、悲しい事にならないようにしたいと思います ^^;


 予定が無くなったので、先延ばしにしていたメインPC(Late2012 Mac mini上)のWin10移行作業に着手。途中までいってMS Office 2013のライセンス認証でトラブル発生。サポートに電話するも年末年始でお休み状態。結局あと数日は移行作業は完了しなさそうです。

 今年はどんな年になるのやら………。

| | コメント (0)

PC更新 その後

 先日更新した自作PCですが、起動時にHDDをマウントしてくれない事が時々発生。デバイスドライバを変更するなどしても現象変わらず。
 少し不良セクタも発生していたので、今回の購入時に獲得したポイントを使って、HDDをSSDに変更してみました。これで解決すると良いのですが。

旧 HDD HITACHI HDP725050GLA360 (旧PCから移植)
新 SSD SanDisk PLUS SDSSDA-1T00-J26 (1TB)

| | コメント (0)

Win10を使ってみて

 今のところWin10に移行しての使用感は、Win7との違いに若干戸惑っていますが、可もなく不可もない、といった感じです。
 インストール時に一番困惑したのは「Microsoftアカウント」と「ローカルアカウント」というアカウントの種類分けの存在。ほとんど予備知識無しでWin10をインストールしたので、何が違うのかすら判っていませんでした ^^;

 使用するにあたって少し変更して欲しい箇所は、サインイン画面でのユーザーのサインイン状態の表示有無。サインアウトせずに複数のユーザーが同じPCを切り替えながら共同使用する時、Win7ならログオフしていないユーザーがログオン画面で確認できますが、Win10ではサインイン画面で誰がサインイン状態にいるか表示されません。なのでサインイン画面でシャットダウンしたい時、サインイン状態のユーザーが居るとすぐにシャットダウン作業に入れない時があります。一度サインインして、誰のアカウントがサインイン状態か確認する必要があるのが面倒です。


 その他各種設定に関するインターフェースなどはWin7とほぼ同じなので、設定画面を出すのに戸惑う部分もありましたが詳しく調べなくても対応可能でした。

 Outlook や OneDrive、Office 365 など Microsfot サービスを使い始めればWin7より使い勝手が良いのかもしれませんが、私は使うつもりが無いのでその手の機能は存在しないのと同じ(使いたくなくても誘導される可能性がある分、迷惑?)。


 取り敢えず、全体としては「もっと困惑させられるかも」と思っていたけど「なんとかなりそう」でホッとしています。いまの所は、ですが。

| | コメント (0)

PC更新

 一年前辺りから、時々突然暴走するなど若干動作不安定になったPC。対策してましになりましたが、突然暴走する症状はまれに発生。Win7のサポート終了までにはまだ時間がありますが、いよいよPCを更新しました。以前の記事で「2020年までもてば」と書きましたが、部品交換したりしたけどなんとかもってくれたと言っていいかな ^^;

 今回は久々にケース、電源も同時更新。再利用したのはユーザーデータ用のHDDとBDドライブ。新しく購入したPCの構成は以下の通りです。

   ケース SilverStone SST-PS13B
    電源 玄人志向 KRPW-GK550W/90+
マザーボード ASRock Z390 Extreme4
     CPU INTEL Core i5 9500(3.0GHz)
     RAM Corsair CMK32GX4M2A2666C16(DDR4 PC4-21300 16GBx2)
     HDD HITACHI HDP725050GLA360 (旧PCから移植)
     SSD CFD CSSD-M2B5GPG3VNF (M.2 2280NVMe Gen4 500GB)
光学ドライブ PIONEER BDR-206M (旧PCから移植)
     OS Windows 10 Pro 64bit

 性能的にアンバランスな部分もありますが、欲しい機能、性能、コストを検討したらこんな構成になりました。とりあえず環境を移行して動かしてみている範囲では10年以上を経たPCの性能向上を実感しているところです。

 

ちなみに、今までのPCの構成はこんな感じでした(2008年12月20日辺りから稼働)

   マザーボード GA-E7AUM-DS2H(GIGABYTE)
グラフィックボード GEFORCE GT 710 2GD3H LP(msi)
        CPU INTEL Core 2 Duo E8400(3.0GHz)
        RAM ADT DDR2 2GBx4 (PC2-6400)(途中で2枚別製品と交換
        HDD HITACHI HDP725050GLA360 (SATA2 500GB 16MB)
        SSD ADT ASP550SS3-240GM-C (2.5”SATAⅢ240GB TLC)
   光学ドライブ PIONEER BDR-206M
        OS Windows 7 Pro SP1 64bit
  *SSDは途中で起動ドライブとして追加

  *光学ドライブは途中で変更。(2019/11/15 追記)
  *グラフィックボードは途中で追加。(2019/11/15 追記)

| | コメント (0)

HDDとSSD

 長年使ってきたWin用のHDD(HDS722020ALA330)に不良セクタが発生しはじめたのでHDDの更新を行い、ついでにここ数年検討していたMac miniのSSD化も同時に実施してみました。

 HDS722020ALA330の方は、64,305時間辺りで不良セクタが初めて発生し、68,167時間辺りで不良セクタ数が5。交換時の稼働時間はおよそ68,851時間でした。夏場にエアコンが無い部屋で、これだけ頑張ってくれたのは当たりなHDDだったのかも。
 更新後もHGSTのHDDにしたかったのですが、良いのが見つからなくて今度のHDDは東芝のMD04ACA400。また10年程度は無事に稼働してくれる事を期待しています。

 Mac mini late2012のSSD化は緊急性も無く、またSSDの価格で若干躊躇していたのですが、良い感じに価格が下がってきたのと、夏本番を前に内部の埃掃除を兼ねて実施しました。今回購入したSSDは、SanDiskのX600 1TB。購入時のHDDが1TBモデルだったので、それより容量の少ないSSDは検討対象外でした。

 インターネットのMac mini分解情報を参考にして物理的な交換はスムーズに終了(HDDを外してSSDをインストールする際、基板をずらす必要はありませんでした。fusion化は内部の発熱量を抑えたかったので不採用)。情報公開に感謝です。ただ、その後の再構築に若干手間取り(何がいけなかったのかTime Machineを使った移行が当初うまくいきませんでした)ちょっと焦りましたが、なんとか無事にHDDからSSDへの移行が完了しました。うまく進めば、MacのTime Machineからの再構築はとっても簡単!
 HDDからSSDへの変更で、期待していた通りの速度向上も体験でき、とても満足!私はParallelsを使いMac mini上でWinも動かしていますが、ここ数年でParallelsでWinを起動する時間が長くなってきた感じがしたのですが、一気に短時間化!Win上のアプリの起動時間も体感できるくらい早くなりました。Late2012のユーザーさん、SSD化はお勧めです!!!!!
 AppleのOS対応サポート終了がいつになるか判りませんが、あと10年はいける?

 次の課題はParallels上のWin7からWin10への移行かな ^^;

| | コメント (0)

自作PCメンテナンス

 サブPCとして使用している自作PC(使用期間9年弱?)の調子がまた悪くなってきて、ちょっと対策してみました。

 現象は、使用中に突然画面が乱れ、少しするとブルースクリーンが現れるというもの。
 再現するのは必ず画面が乱れてからなので、グラフィック周りが原因と想定。
 チップセット内蔵グラフィック機能を使用しており、メインメモリからグラフィックメモリを確保しているので、メモリテストを実行するも、メモリエラー無し。

 以上から、チップセットの「グラフィック関連部分だけ」が調子悪い事を期待して、安価だったのでグラフィックボードの新規追加で対策してみました。

 ここ数日使用していますが、今のところ問題は再発していません。これで対策できればPC交換するよりよっぽどリーズナブル。問題解決している事を期待してます ^^;

参考
マザーボード    GA-E7AUM-DS2H(GIGABYTE)
グラフィックボード GEFORCE GT 710 2GD3H LP(msi)
OS         Win7Pro SP1 64bit

Windows エクスペリエンスインデックス
  グラフィックス      :5.2
  ゲーム用グラフィックス:6.7

2018/9/21追記
Windows エクスペリエンスインデックス(チップセット内蔵グラフィック)
  グラフィックス      :4.5
  ゲーム用グラフィックス:5.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RDT235WX液晶劣化

購入後5年未満ですが、液晶モニター(RDT235WX)の状態が悪くなりました。
1週間ほど前から画面右側(1/3程度)の色が赤みを帯び始め、焼き付き現象が生じる状態です。
(ブラウン管と違い、しばらく動画を映すなどしていれば焼き付き現象は改善します。ただ、固定画像になるとすぐに再発します。)
使用時間で倍以上使っている別の液晶モニターはぜんぜん元気なのに…。

保証期間を確認したら、3年。最近よくある5年保証だったら間に合ったのに。残念。

購入後間もなくメーカーの三菱電機が液晶モニターから撤退して、製品まで短命。今回の液晶モニターはちょっとハズレだったみたいです。
代替機種をざっと探しているのですが、なんとなく同じ系統に落ち着きそうな気配です ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EX-Gマウスのエッヂ処理

 今まで使っていたELECOMのマウス(M-M6URWH)の左クリック用スイッチが壊れてきたようなので、久々にマウスを購入。

 今回選んでみたのはELECOMのEX-G有線タイプのLサイズ(M-XGL10UB)。店頭でサンプルを触ってみて、なんとなく感じが良かったので購入。昔ながらの形状でないエルゴノミクスデザイン?なマウスの購入は今回が初めて。

 カウント数が800から2000になった分、マウスの動きがより滑らかになったのはなんとなくヌルヌル動く感じで気持ち悪さを少し感じました ^^;

 10分程度使ってみた結果、思いっきり気になったのが底面パーツの上面側エッヂ部分。親指から母子球あたりが触れる辺り。店頭では気になりませんでしたが、エッヂがたっていて、長時間使っていると手が触れている部分が痛くなりそう。なので、紙ヤスリでエッヂを丸めてみました。軽く丸めてあげるだけでまったく別物の感触。なんで最初からこの部分のエッヂにRを付けていなかったんだろう?

 私は一番安価なタイプを購入しましたが、EX-Gシリーズ全体が同じようなエッヂ処理であれば、エッヂ部分の丸め処理は手軽でお勧めです。但し、その後の保証等に関してはどうなるか不明です。実施される場合は、あくまで自己責任にてお願いします(爆)


追記

Exg

 気になる人は、もう少し右側(金型の分割跡が残っている辺り)まで丸めると、手に触る感触がもっと良くなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WannaCryの前と後

 ここ数日世界中で大騒ぎになっているランサムウェアのWannaCry。Microsoftにどう影響するんだろう。

 いままでは「サポート終わったから古いのは使うのやめてね by Microsoft」で済ましていたけど、ここまで大規模な被害が発生すると、特にEUあたりから「それで儲けたんだから、もっと責任持て!」と言われてサポート終了条件がMicrosoftにとって厳しくなるかも。

 それとも、「ほら危ないって言われてたんだから早くシステム更新して!」とMicrosoftの希望する状況が進展する?

 景気が良ければ後者だけど、現状と被害規模を考えると前者の方向でもおかしくなさそう。個人的にはもっと不便でかまわないので(Win95程度で可)、安全なOSを長期間安定してリリースして欲しいです。そうすればアプリケーションソフトのバージョンアップ代も抑えられるし。ただ、そうなると現状のOSライセンスの販売形態が変更され、サブスクリプションに移行されてしまう?う~ん、それはもっとやだなぁ ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧